堂本剛病気の原因はジャニー喜多川!?過呼吸症候群との関係は?


こんにちは、マサです(^^)

本日も僕の記事を読んで頂き、ありがとうございます♪

今回は、堂本剛君の病気についての話題です!

アラフォーとは思えない可愛らしさで人気の剛君♪

正統派ジャニーズアイドルだと思っていたのですが、デビュー数年後に個性的なファッションと髪型にイメチェンされていますね(゚∀゚)

でも、そんな剛君には過呼吸症候群とパニック障害であることを公表していますね(*_*;

今日は、過呼吸症候群とパニック障害のことも含めて剛君のことをまとめました。

sponsored link

堂本剛のプロフィール

まずは、剛君のプロフィールをご覧下さい!

堂本剛(どうもとつよし)

  • 生年月日:1979年4月10日(38歳!かわいい38歳ですね)
  • 出身地:奈良県奈良市
  • 血液型:AB型
  • 身長:166cm
  • 職業:シンガーソングライター、俳優、タレント
  • 性格:非常に家族思い
  • 趣味:漫画、アニメ好き、釣り
  • ジャニーズ活動期間:1991年5月5日

などですね♪

剛君を僕が初めてテレビで見た時に感じたのは、「なんか優しそう(*´∀`*)」と思っていまた。

どうやらその優しそうな顔は、家族思いな性格から溢れ出していたのですね(^^)

では、次に剛君の病気はどうなのでしょうか?

堂本剛が過去に患った病気

まず、剛君が患った病気について説明します。

過呼吸症候群

精神的な不安や極度の緊張によって呼吸が速くなる病気です(*_*;

手足がしびれたり、動悸やめまい、意識障害が起こることもあります。

また、死んでしまうのではないかと恐怖感を感じることもある、結構しんどい病気です(゚д゚)!

若い人が発症することが多く、まじめで繊細な人がなりやすいといわれています。

sponsored link

パニック障害

パニック発作が繰り返し起こり、その後長めの期間、その発作が起こることを心配する病気です(*_*;

また、発作が起きないように行動を変えようとする、不安障害に分類される精神障害なのです(+_+)

ちなみに、パニック発作についての具体的な説明もご覧下さい!

パニック発作とは、強いストレスをため込んでいる人に起こりやすい発作。

人が大勢いて混雑している狭い空間にいる時に起こりやすい。

その他、広場などを歩いている時に突然、強いストレスを感じて動悸・息切れ・めまいなどの症状に襲われます。

堂本剛の病気はいつから?

剛君は、自身の母と姉が履歴書を送ったことからジャニーズ事務所に入り、デビュー後大ブレイクしましたね(^^)

ただ本来、剛君は人前に出たい性格ではなく、芸能人になるつもりはありませんでした(*_*;

「本当の自分でいたい、本当の自分を見てほしい」と思いながらも、剛君はアイドルとして求められていることをがんばってやり抜きました(´;ω;`)

しかし、そのギャップがどんどん剛君を追い詰めていきます。

「金田一少年の事件簿」が放送されていた1995年~1997年ごろ、多忙だった10代のことを、堂本剛さんは「まったく覚えていない」と言います(+_+)

ほとんど寝てなくて記憶がない、と。

また、「死にたくても死ねなかった時期」とも言っています。

このころから病気を患っていたと考えられます。

sponsored link

堂本剛の病気の原因は、ジャニー喜多川!?

剛君の病気は、アイドルとして売り出し、寝る時間もないほど働かせたジャニー喜多川さんのせいでしょうか?

それは、ガセですね!

剛君は

「テレビとか雑誌では編集されるようなことが、歌では歌詞に乗せてしまえば、編集されることが少ないとか、そういう悪知恵も働きまして。“あ、絶対歌のほうが、僕は本当のことを言えるんだ”ってことで、音楽の方が好きやったんです」

と、自分の気持ちを音楽で表現するようになりました。

そんな剛君が作った曲はアイドルっぽくなく、メッセージ色の強い曲でした。

その当時から独特なヘアスタイルをしてヒゲを生やし、個性的な服を着ていた剛君は、事務所から外見と曲のことで怒られていたのです(゚д゚)!

しかし、ジャニーさんだけは最初からずっと「変化球を投げ続けろ」と応援してくれたのです。

その後も、ジャニーさんのサポートで剛君は自分の気持ちを曲げることなく音楽活動を続けることができたのです(^^)

堂本剛さんは今でもジャニーさんに、とても感謝しているのです。

堂本剛と過呼吸症候群

剛君の症状が過呼吸発作として最初に出たのは、2000年夏のコンサートツアーの時のことでした(゚д゚)!

その後、2003年のツアー中にも発作が出たのです!

強いストレスを抱えている剛君にとっては、限界が来ていたのでしょうね(ノД`)シクシク

コンサート会場に立って大勢の人の前で歌うことは、大きなストレスとなっていたのでしょう。

sponsored link

堂本剛と堂本光一の感動の絆~剛の手紙~

剛君とずっとコンビを組んできた光一君は、剛君が不調を訴えるようになると、陰で優しくフォローしていましたね♪

でも、それ以上に驚いたことがあったのです!

なんと、過呼吸症候群やパニック障害に関する本をたくさん読み対処法を学んでいたんですって(´;ω;`)ブワッ

しかも、長く一緒にいる事で光一君は朝、剛君の顔を見るだけでその日の調子が分かるようになったんですって(゚∀゚)

その為、「この役はしんどそうだな」と分かると光一君がその役をかって出たり、さりげなくフォローをしたりしているのです♪

剛君が、「今の自分がいるのは音楽と堂本光一のおかげ」と言うのもうなずける素晴らしい相方ぶりですね(*^^*)

そんな剛君は、1997年の24時間テレビで光一君に向けて素敵な手紙を贈りました。

以下がその全文です。

「堂本光一様

お前と始めて会ったのは7年前の横浜コンサート会場でした。

あのときのお前の第一印象は黒ぶちめがねにスリムのジーパンをはいていて、正直ゆうてまじめ腐った奴やなあ、俺には合わへんわ、と思ってました。

でも、何だかんだ2人で一緒に仕事をやっていくうちにだんだんお前がどんな奴か分かってきた。

友達でもなく兄弟でもない、いい関係の2人やから楽屋で話すときは話す、話さへん時は話さへん、別々の仕事をしていても別に寂しいとは思わへんかったけど、この間シャンハイに1人で映画ロケに行ったときはすごく辛くて寂しかった。

言葉が通じない不自由さや、ハードなロケが続き、自分にのしかかる責任感がすごく大きくて大変やった。

そんな中、電話でお前の声を聞いたときは兄弟と久しぶりに話したような感覚に似ていて心からほっとしました。

お前の「がんばれ」の一言がホンマにうれしかった。

今までは自分ひとりで生きていけると思ってたけど、やっぱり人は誰でも周りの人と支えあって生きてるんやということに気づきました。

俺にはそれが、光一、お前なんやと思う。

俺は今日まで光一という人間と一緒にやってこれたことを誇りに思っています。

これから先長い道のり、2人で頑張っていこうな。

辛いことがあっても、なかなか口に出さへんのがお前やけど、これからはもっと心を開いて何でも言うてください。

その代わり、僕の悩みもいろいろ聞いてください。

堂本剛」

なんて感動的なんでしょうか(´;ω;`)ブワッ

剛君は、続けれる限りずっとKinKi Kidsでいて欲しいですね(*^^*)

sponsored link

堂本剛の病気は完治したのか?

心の病気は完治しにくく、何をもって完治したかと判断するのも難しいものです(*_*;

堂本剛さんの病気が完治しているかどうか、正直なところは分かりませんm(_ _)m

ただ、相方の光一君や大好きな音楽、応援して支えてくれるジャニー喜多川さんが剛君にはいますね♪

そしてファンの方、色々な方の支えで、今の剛君は本来の自分の姿で活動をしています。

無理をすることなく自分の気持ちをあらわすことで、苦しみから解放されているように見えます。

堂本剛の病気まとめ

  • 堂本剛が過去に患った病気は、過呼吸症候群とパニック障害!!
  • 堂本剛の病気の原因は、求められたアイドル像と多忙のせいだった!!
  • 堂本剛の過呼吸症候群は、今は落ち着いている!!

芸人のような明るいキャラでありながら、センチメンタルな歌声とこまやかな演技で繊細さも見せる堂本剛さん。

なすすべもなく巻き込まれて追い詰められていた過去から、自分を出す方法を見つけて今は落ち着いているといわれています。

このまま堂本剛さんの気持ちが落ち着いたまま、穏やかに過ごせるといいですね。

※僕に対しての誹謗中傷や悪口などのコメントは受け付けませんので、ご了承下さいm(_ _)m

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。