木村拓哉と工藤静香の結婚秘話!?家族写真や画像も公開中!

Pocket

こんばんは、マサです。

いつも僕の記事を読んで下さり、ありがとうございます(^^)

僕は、嵐のメンバーが好きなのですが、実はSMAPのメンバーも

好きなのです!僕が、小中学生の頃からの大ファンで、現在でも

SMAPが出ている番組は見ていますね。

その中で・・・今回は歌手として、また俳優としても大活躍中の

木村拓哉さんについて紹介します。

キムタクさん関連記事もあるので、良ければ見て下さいね(^^)

指原莉乃がMステのスーパーライブでキムタクを連行!Twitterは炎上?

スポンサーリンク

木村拓哉と工藤静香の出会い

まず、気になったのは、どこでどのように出会い、二人は結ばれたのか?

について、調べてみました。

すると、こんな事が分かりました。

サーフィンをしている共通の友人に工藤静香を紹介され、デートを重ねて

ゴールインしたとのことです。

でも、そもそも共通の友だちって誰??と思ったので、その友だちに

ついても詳しく調べてみました。

共通の友達は、何と!!元夫婦であった酒井法子夫妻だったのです。

イメージつかないですよね~。

で、この元酒井夫妻の旦那さんが、趣味でサーフィンをしていたのです。

また、木村さんも趣味でサーフィンをしていたこともあって、更に旦那さん

と仲良くなったのです。そして、旦那さんから、サーフィン仲間の

工藤静香さんを紹介され、めでたく結婚したということです。

なるほど、木村さんも工藤さんもサーフィンが趣味だったんですね!!

この共通の趣味が、二人の出会いのきっかけになったのでした。

sponsored link

木村拓哉と工藤静香の結婚秘話

木村さんが、工藤さんと結婚する前は、実は一般女性(カオリン)と長年付き合っていて、同居もしていたのです!!

じゃあ、何でカオリンと別れて、工藤静香になったの??と思ったので、調べました。

すると、こんな事が分かりました。

「付き合っていた彼女の顔が工藤静香にそっくりだったから」

ということなのですが、何かしっくりきませんよね!?

むしろ、この理由では工藤さんがカオリンを奪ったみたいな感じがしてしまいます。

あと、カオリンと付き合っている最中も工藤さんとサーフィンしていたようなので、ますます分かりませんね。

予想としては、カオリンと結婚しようにも長く付き合いすぎて悪い部分がお互いに分かってしまった。

でも、そろそろ結婚しないと、カオリン本人や両親に申し訳ない。

「どうしよう・・・」そう思った時、カオリンとそっくりの工藤静香が友だちの紹介で登場!!

木村さんは、「おぉ。静香さん、カオリンと似てる!しかもおニャン子時代からの大ファンだ!」と興奮。

その後、カオリンには悪いけど、きっぱり別れて工藤さんと共に生きていこう。

という感じで交際に発展し、現在に至るのでは?と思いました。

木村拓哉と工藤静香の子ども

結婚して、二人の子宝に恵まれています。

子どもは、二人とも女の子で、長女と次女の姉妹です。

名前は、長女が心美ちゃん。次女が光希ちゃんです。
画像はこちらです。

心美ちゃんの画像はありましたが、光希ちゃんはありませんでした。心美ちゃんだけでも可愛らしいですね。

木村拓哉と工藤静香の家族写真や画像

家族写真です。
家族写真ではあるんですけど、週刊誌に撮られた!!って感じの画像です。

色々探しましたが、この画像意外に、家族仲良く過ごす写真がほぼ無かったです!

木村夫妻は、なるべくマスコミに撮られないように慎重に生活してるようです!!

芸能人は、知名度や人気が高ければ高いほど、日常でも神経を張り巡らしているんだなと感じました。

まとめ

感想と要点をまとめます。

感想

木村拓哉さんが、工藤静香さんと結婚したのは、共通の趣味があったからなんだな!って分かりました。

あとは、木村さんが何故、テレビで家族の話を一切しないのかも気になってましたが、それは事務所の決まりやファンのイメージを崩さないためだったことも分かりました。

ということは、ジャニーズに入った人で結婚した場合は、会社の方針に従って、夫婦の話は一切しないということなんです!

ジャニーズはきっちりしてますね!!

要点

  • 木村拓哉は工藤静香の大ファンだった
  • 工藤静香は、木村拓哉の前の彼女であったカオリンと顔がそっくりだった
  • カオリンとはきっぱり別れて、工藤静香を選んだ
  • 今でも木村夫妻はすごく仲が良い

以上のことが分かりました。

調べ始めた時は、工藤静香がカオリンから木村拓哉を奪ったんかな?と勘違いしていました。

しかし、調べていくことで、お互いが愛し合って結ばれたんだなということが実感出来ました。

今後も木村拓哉記事を投稿しますので、良かったら見て下さいね。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。