岡田斗司夫の現在は?レコーディングダイエットでリバウンド!?

Pocket

こんにちは、マサです。

いつも僕の記事を読んでくれてありがとうございます(^^)

最近は、クーラーガンガンにして寝ていますが、たまに喉がカラカラに

乾いて痛い時がある日々を送っています。

読者のみなさんは、喉は大丈夫ですか?

あまりに、喉が乾くようなら、加湿器も併せて運転させると良いですよ。

では、前回はレコーディングダイエットの大まかな説明やレコーディング

ダイエットで痩せた岡田斗司夫さんや僕のちょっぴり痩せた体験談を紹介しました。

是非、前回の記事も見て下さいね(^^)

レコーディングダイエットは記録するだけ!?その効果はいかに??

今回は、岡田斗司夫さんの現在の状況やレコーディングダイエットで

リバウンドしてしまったらしい話について紹介します。

色々ネットで調べたり、画像や動画で確認した所、確かにリバウンド

してしまったようですね・・ということは、痩せる前の生活リズムに

戻ってしまったと確信できるので、著書『いつまでもデブと思うなよ』

を参考に、何故太ってしまったのか調べたことを書きます。

スポンサーリンク

岡田さんの現在

岡田さんの痩せる前の体重は、117㎏だったんですね!!

この体重からレコーディングダイエットによって・・・

なんと!!体重が67㎏になったのです(^^)

ただ、その後リバウンドした体重が、推定95㎏になってしまったのです(;_;)

で、岡田さんがやってるyoutubeチャンネルがあるんですが・・・

レコーディングダイエットを全否定してるようなもんですね(;_;)

でも、この岡田さんの公式YouTubeチャンネルの放送はすごく盛んで

大人気なんですよ!!!

sponsored link

岡田斗司夫のリバウンド

コンビニでソフトクリームを買い、歩きながら食べて、食べ終わる頃には

メンチカツを売っている店に行ってまた食べる(;_;)

夜中に焼き肉、コンビニでチョコや柿の種を食べる!

更に、コーラやファンタを毎日3本がぶ飲みする!!

満腹でお腹一杯だけど、スイーツも平らげる

宅配ピザを1人でMサイズ食べて、サイドメニューのポテトや

チキンスティックやアップルパイも食べた!!

NHKの楽屋に常備してあるお菓子は食べてもメモしないことがあった

午後10時~深夜2時に「魔の時間」が存在していた。

この時間は何と!

30分毎に食べたり、10分毎に食べたりと・・・かなり不規則に食べ続けていた

ゴミ箱に行くような残飯は残さなかった

趣味として、都会の吉祥寺に住み、食べ歩く日々

岡田さんのレコーディングダイエットのきっかけは、そもそも痩せる為

というよりも食べ歩きエッセーを出すつもりで食べたものをメモしたことが原点。

カード破産する人は、全員必ず借金の総額を知らない!と書いてある。

ということは、リバウンドする人は、こまめに毎日体重計に乗っていない!

更に、自分の体重を知らないかもしれない

口に入れたものを全てメモするということですが、このメモを

全てしなかったか、忘れていたか、書くこと自体に嫌気がさしたのでは?

無いかなぁと感じます!

これでは、リバウンドしてもしょうがないと思うし、書けばいいじゃない♪みたく思ってしまって、痩せた体重を維持するのは難しいかなと思いましたね。

じゃぁ、どうしたらレコーディングダイエットを活かすことが出来るのか?

それを書きますと・・・

ただ痩せるだけでなく、腹筋を鍛えるとか腕立て伏せをすること!

体重とともに筋肉まで落とさないこと(かなり重要)

飲食店があまり立ち並ばない街に引っ越す

買い食いではなく、スーパーで食材を買って、家で作る!

時間が無ければ、低カロリーのバランスの摂れたメニューを頼む

お金を交通費程だけ握りしめて、弁当を持って街をぶらぶら歩くときっと太らない

食べること以外で、24時間夢中になれることを探す

YouTubeの面白い動画を食べ物がない部屋で見まくる

ワンピースの漫画を読みまくるなどがいいと思いますね(^^)

まとめ

レコーディングダイエットでリバウンドはデマです!

正しくは、レコーディングダイエットの正しいやり方から完全に外れていた。

だから、リバウンドしたのだと思います。

そして、無意識に太るための行動や努力をやってきたから太ったということでした。

レコーディングダイエットは正しいやりかたを完全に実行すれば、必ず痩せるので是非やってみましょうね。

その他のレコーディングダイエットの記事もあるので、良ければ見て下さいね♪

レコーディングダイエットでカロリー表を上手に使う方法!

レコーディングダイエット!無料で成功する方法や記録表の書き方を紹介!

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。